2014年11月13日

御殿場の音

演習

御殿場で観光をされてお越しになった宿泊のお客様が御殿場演習場の砲弾の音に驚いていらっしゃいましたが、これはもう毎日のことなのでどうしようもありません。地元の人間はもう慣れっこのようです。私も生まれと周りの環境が殆ど「自衛隊」といってもいいような状況だったので、自衛隊や消防、警察など、その種の職業に長く就いている方に対して、仕事上ではいろいろあっても、心の根底にあるのは正義感なのだという印象が強く焼き付いています。彼らが日頃から自分を鍛えたり勉強したりする半端でない姿を見ていたら、災害などどうしようもないこと以外は「助けて」という状況を作らないことがいちばんなのだと思えて、子供の時、ガスの元栓を必ず締めたりしたものでした。いろいろ考えさせられることが多い土地ですが、迷彩ジープに乗ったお兄さんたちは皆さん強くて優しかったので、砲弾の音がすると個人的には懐かしい気持ちになるのでした。