2014年9月8日

モニター

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋の気配が厩舎にも訪れている今日この頃。
観光地にはお洒落な施設が一杯なので、先日、周辺のペンションやいろいろなショップ巡りをして、入り安くて楽しめるのはどんな施設なのかを探してみました。
モニターには、外出嫌いで職場引きこもりの自分を使いました。その自分が行けるような場所ならきっと素晴らしいに違いない、と考えたのですが、ここで大問題発生!
「お洒落な所には入れない」という心の壁が立ちはだかりました。お洒落するというのは、自分という素材を使って良いイメージを作って楽しむことだと思うのですが、素材がたかが知れていて、そこに労力や金を遣うより他に回した方が有効だと考えたり、興味がない者にとっては、別世界となります。お洒落なお店でショッピングをする家族を車の中で待つお父さんの心理がわかっただけでした。

結局疲れて、樹海にテント張って「ぼっちキャンプ」でもしたくなり、職場でもありスタッフの居住地でもあるパディーフィールドに帰って来てホッとしながら、やっぱりどこへも行かなくていいや・・・と思いました。ここには、作らなくても馬や自然から勝手に出来ている雰囲気があって、気が楽なのです。ウチの馬もこれを感じているのかな・・・とも思いました。