2010年7月9日

調教

馬に乗る事は、かなり楽しい事。と思っている私。

毎日馬に乗るだけですごせたら、は~極楽じゃなー。

なにがそんなに楽しいかといえば、やっぱり馬くいった時ですな。

あー、これだめじゃん。じゃーフィックスフィックス。で、さくさく思うようになった時は楽しい。

これとは全く別の気分の時も、もちろんありあり。

っていうか、むしろ自分の気持ちと折り合いをつける時も多々ありますです。

という時はむっこんな顔に自然となっているらしく、今日は馬くいかなかったの?

と娘に指摘されっちゃったりしますねー。

馬の場合のフィックスは楽しいのですが、犬は難しい。

もちろん、人のいうことを良く聞く犬はカワイイに決まってるのですが

ここで登場するのが
乗馬クラブオーナーブログ左上矢印この犬。亡き夫の残したバカ犬1。

よく吠えます。私の事、えさくれて散歩に行く人。

とだけの認識。

なぜ、犬の調教が難しいのか?いやー、単純にバカな犬なんだろー、

と自分をなぐさめっちゃったりして・・・

でも、私には秘策があるのです。
乗馬クラブオーナーブログ
この手前にあるのは、ゴム製フリスビー(と呼ぶかは定かでない)

こいつが私の手中にある時は、立派な調教師になれちゃうの。

このフリスビーを手にしたとたん、彼の目はランランと輝きえええー?!

それするのーじゅる・・的なカワイイ犬に変身!

馬場に向かって、投げてあげるとシャカシャカとりに行く、賢そうなジャックラッセルになっちゃう。

そして、ホイ。とってきましたぜ、姐御!と偉そうに置いてくれたりする。のがこの図・・・

お願い。いつもそうしてくれる?