2014年10月11日

スクーリングってやつ。

こんばんは。

昨日の続き。

馬は、繰り返し同じ事をすると、次におこる事を予測します。

例えば、パディの営業馬たちはレッスンの(彼等にとってのお仕事)事などをよくわかっていて、

馬場内で、とにかく楽に仕事が出来るようにと自ら内回りしていこうとします。

競技の馬たちも同じで、何度も競技に出ている馬たちだと、次におこる事を予測して、はいはい、これでしょ?

と先走ってやってしまおうとするのです。

予測させないように、人の指示を待てる馬になる様に、スクーリングってやつをします。

本番で、もしくはそのような状況を模擬したペイドウォームアップなどで、

馬が自身で考えを持ったなと感じた時に、馬の思考と反対な事をするわけです。

そうすると、馬的にはあれ?これって?????

この?マークが多くなると馬は、指示待ちして人の言うこと聞いた方が楽かも~???

と考えます。

考えてくれたら、ラッキー。

これは、知恵比べというか、馬とチェスをしているようなものなので、楽しい時間なのです。

この?マークを馬に与えたい方は、パディに来てね。