2014年8月23日

研究の素材案。

こんばんは。

夏休みもあとわずかになってきましたね~。

嬉しいのは、子供が学校に行ってくれるママたちかな?

子供たちは、そろそろ宿題に追われる頃でしょうか?

この夏も、くろべえは沢山の草刈をしつつ皆様に可愛がっていただきました。

で、こうして今日もつながれて草を食べているだけが彼の仕事で、一生懸命走ったりしている営業馬をしり目に

草を食べている、それだけで彼は生かされている羨ましい人生です。

しかし、草を食べているだけの楽ちんな毎日でも夏のハエはくろべえの元にやってきます。

くろべえ尻尾

この尻尾をブリンと振っているのは、お尻にハエがとまっているからで、あっちに行っておくれよ~~~。

という意思表示なのです。

馬の尻尾は、高級バックになったりするぐらいの頑丈な素材で、案外と硬い毛なのです。

ですから、ハエを追った尻尾が顔にあたったりするとビシッと痛かったりするのです。

だけど、そこには必ずハエがいるからな訳で、人間をいためつけてやろ~~~~っと。

とは思っていませんからね、ご安心を。さあ、夏休みの最後の体験にパディに出かけて

馬の尻尾の研究なんていかがかしら?