2014年7月14日

頭がさがるよ。

こんばんは。

昨夜は、8:00~朝の6:00まで寝ちゃったよー。

我ながら、びっくり!!!

さて、八ヶ岳ホースショー後記。

何度も言うようですが、私はブリティッシュもウエスタンも基本的には一緒だと思っているし、なので

ウエスタンで日本に普及していない競技も、紹介したり広めたりできたらいいな~。と思う一人です。

そんな中、ショーマンシップという競技に参加してくれたUさん。

ll

 

はっきり言って日本で、これやってくれる方は多くありません。

パディでは何年もこの競技に参加していましたし、今回あえて参加してくれたWSのS君も日本における

ショーマンシップの第一人者です。

本国アメリカでは、馬に乗ってはいたけれどお年を召して乗れなくなったからとか、馬に乗ってはまだ出られないほどの

技術だけど、自分の馬と競技を楽しむために。という方や子供たちも出ている、引馬で自馬のマナー自慢をする競技です。

スタンドと言えば、ジーーーーーーーと限りなく四足をそろえて立ちすくしたり、軸足を作って回転出来たりでアメリカでは、これを

完璧に出来る馬だったら、自分の馬にしたい~って思わず思ってしまうほどの馬たちが勢ぞろいする競技なの。

ですが、なぜか日本ではメジャーになれなかったこの競技に、あえて殴り込みをかけてきたのがUさん。

彼女の馬のトレーナーKさんは、この馬を本当によく作っていて、乗っているところも良し、ショーマンシップの姿も良しで

本当に将来が楽しみな感じに、トレーニングしています。

なおかつ、彼の素晴らしいところは他のトレーナーの意見を聞くところ。

これが日本のトレーナー達に一番不足していると私は思うのですが、彼はここが備わっている素晴らしいトレーナーです。

私も、見習わなきゃ!!!

こんな風に、自分の馬を愛し良いトレーナーに託し、素晴らしい馬づくりができる関係が日本でもっと多くなりますように。

ウエスタン普及を目指すおばちゃんとしては、願ってやみません。

そんな事でまた明日