2014年1月25日

トレーナボゥ!

こんばんは。

馬を買ってきて間もなくは、賢いかそうでないかの見極めは、ワタクシには今一よくわからない。

でも、Tトレーナーの目がキラリ~ンアップと光ってトレーニングを開始する馬は、今の所100%トレーニングが入りやすい、賢い馬だわ。

最近乗り始めたノーマジーンは、今日T君がロンジングした際に、平おきログを越えさせてみて。と、Tトレーナーからの指示がでた。

初めての経験の彼女は、最初の内こそ、何~?これ~?こんなの聞いてないけど~?

と、まるで生まれついてのジャンピングホースの様に、高飛びしてた。

なのに、数回飛ぶとなんだあ~! 別に怖いことないじゃん。

またげば、いいわけね。

と、とことこあっさり理解する。

これが、状況判断の遅い子は、汗だくになりながら、どうか神様この状況から早く回避出来ますように。と、願い、しまいには、あんた何要求してんのよ?冗談は止めてよ。アタシはこんな事させられたくないんだからさあああぁぁぁ~! となるのだな。

これが、トレーニングが入りやすいか入りにくいかの違いだな。

入りにくい子が、全く出来るようにならないかというと、そんな事はないんだけど、半年立つと覚えの良い子はまた先に進んでいる。

人間社会と一緒じゃん!

覚えの悪いワタクシだけど、せめて人様の役にたてるようになろう!

と、心に誓うのであった。

では、また明日音譜
Android携帯からの投稿