2013年6月14日

いつかはね。

今晩は。
朝の梅雨空は、10時を過ぎると良い天気にチェンジ。

スタッフ達の練習タイムです。

馬の仕事は、長時間で生き物相手だから大変でしょう?とよく聞かれます。
今は、私は現場から遠ざかっていますが、現場にいた時に大変だと思う事がなく、逆に大変だと思うなら、この仕事は出来ないですよー、とお答します。
馬の仕事は技術職ですから、まあまあ仕事が出来る様になったと思うまでに3年。
良い師匠に巡り会えば、そこからが技術を高められていく時間なのではないでしょうか?
この辺りは、理美容師さんと通じるものがあるのでは?と言う感じで、たまに美容のオーナーさんがいらっしゃるとスタッフについて、お話したりします。
長い間、情熱を持ちつづけるのは大変な事で、入りたての気持ちを忘れてしまいがちですが、頑張っている人は端からみても分かるものです。
もがきながら、耐えながら、糸にくらいついてこようと必至になると、いつか道が開けてくるのではないでしょうか?
先日の大会で、スマイルサンのスタッフがベストホースマンの賞をジャッジからの特別賞で頂いていました。彼女の頑張りに、報いてあげようとするOトレーナーも素晴らしいと思います。
頑張りは、いつか報われるもの。
私も、頑張ろうっと。
では、また明日音譜
Android携帯からの投稿