2013年3月24日

気持ちを読むの。

今晩は。
子供の時に乗りに来ていたS君に、パディの営業を手伝ってもらう事になりました。
そんな彼は、最後に乗馬したのが数年前のパディのコンペ。
子供の時には、ジャンプをしていて、数年ぶりの乗馬が、初ウエスタン。ボロボロだった記憶しかなく、楽しい思い出とは、ほど遠いものになってしまったらしい。
しかし、今回営業をしてもらうにあたって、やっぱり乗馬しなきゃ話にならないでしょ?って事で、Tトレーナーのレッスンとなりました。
レッスン終了後、面白かった!あの人、ただのおっちゃんじゃなかった!
と、変な感動。
最後に乗った時のトラウマで、自分がこんなに楽しめると思わなかったそう。
馬の心理をよむ楽しさや馬の脚の運びなど考えて乗る面白さを感じたってわけ。
こうして考えると、つまらないレッスンをしちゃ駄目だし、正しく論理的に伝えなきゃいけない自分達の日々の向上が大事だって事が良くわかるなぁ。
久しぶりの乗馬のYさんは、Tトレーナーのレッスンを受け、一鞍で3h位乗った気分になったそう。

馬の心理に乗ると乗馬ってホント面白いのだ。
そんなことで、また明日音譜
Android携帯からの投稿