2013年2月19日

雪の日の会話。

こんばんは。

ドヨヨヨ~ン叫び

やっぱり雪雪だよー。昨日は雨になったので、雪が解けててウレシーナー。と、思っていたのに今日一日でこれです・・・

乗馬クラブオーナーブログ

あーぁしょぼん

Tトレーナーとランチしてたら雪、キレイネー(女言葉は、私のがうつったせい得意げ)と言う。

そして、馬の話題になり何故だか分からないんだけど例えば放牧場付の厩舎があるでしょ?

ああいう所に入っている馬達は、雨が降っても雪が降っても屋根の下に入らずに外にいるんだ。

ここでも、丸馬場には屋根がかかっているけど雪や雨が吹きこんだりするでしょ?

でも、放牧された馬達はわざわざ雪があたる方に立っているんだよね。

そのかわり、吹きこむ方にお尻向けて決して顔の方向ではないんだけど。

だから、人は馬が人間と同じ感覚を持っていると錯覚してるんだけど、雪や雨は表面の毛だけで皮まで浸透していないから気にしてない。もし、馬が本当に寒かったら震えるんだよ。

という話をTトレーナーの作ったブルーベリーパンケーキを食べながらしていた本日でした。

乗馬クラブオーナーブログ

では、また明日音譜