2012年12月6日

ショーイング

こんばんは。
夏の八ヶ岳ホースショーの中で、乗馬クラブ振興協会主催の指導者資格を持つ人達のホースマンシップのクラスがあり、ワタクシ何故か優勝しましてねー。ラッキーラブラブ
だったのですが、tトレーナーが大喜びしてくれてこんなの作ってくれました。

このスリーピースのバックルは、JQHA の競技会でジャッジを務めてくれたアメリカのA さんにオーダーして作ってもらったもの。
Tトレーナーのデザインなんです。
ですが、これをつける良いベルトがなくてとりあえず、古いベルトを加工してつけてくれました。
今後の、このようなクラスにもバックルのスポンサーになりたい。と申しておりますので資格をもつ皆様は、是非とも参加して下さいね♪
さて、アメリカ土産話の最終会はフチュリティのショーの事。

 
Tトレーナーが、ショーマンと言うのですが観客に魅せるという意味に近いとワタクシは感じているのですが、迫力とスピードが他の人たちと違うFさんや、Sさん。
ビデオだと違いが分かりにくいけど、本当に違うんだなー。
今回は、二人とも優勝を逃しましたが観客を魅了するショーイングは他とは格段の差があります。
それにしても、アメリカの観客も良いショーイングをすると会場が割れんばかりの声援になり、皆が良く理解しているなー。とつくづく思います。
いつか、日本もそうなりますようにドキドキ
では、また明日音譜
Android携帯からの投稿