2012年4月14日

雨のイベント。

こんばんは。

せっかくの土曜日なのに、生憎のお天気でしたね~・・・

ですが、パディーではTトレーナーによるホースマンシップについてのイベントを強行。

まずはランチを取りつつ、ビデオでレイニングのスピードを要する競技とホースマンシップでの座り方の違い方から・・・競技による鞍の選び方についてもやりました。適した鞍に乗っていない場合は、自分で脚の位置も意識して変える必要がある等・・・ブリティッシュでいうところの馬場鞍か障碍鞍かの違いでしょうか?

そんな説明も受けつつ・・・では実際にやってみましょー。

雨だったので丸馬場で2頭づつ順番に・・・サンダーにはBOBSの鞍、一方のネリーには練習用の合皮の鞍をつけ、それぞれに鞍による脚の位置の安易さ、そうでなさを感じてもらいました。

本日は、アメリカスタイルのクリニックだったので(予定では私的には、晴れのつもりだったので)参加の方それぞれが、馬に乗り、他の方を見つつと思っていたのですが、丸馬場になった為、他の人を見ている時間も長めになりました・・・

しかーし、繰り返し繰り返し同じ様な事を言う事によって、1回しか言われないと忘れてしまう事が、今回の様なケースでは、皆の頭にインプットされるのでは?と、Tトレーナー。

皆さん、馬を代えて1回目をシューリョーしましたが、2回目は馬の脚のコントロールについてをもう一度。

馬の脚をコントロールするには???

手綱の使い方や馬の脚の動かし方をピボットを入れながら何故そうするのか?の説明も繰り返しです・・・

それから、マタマタ注意されるのは日本人が頑張りすぎる性格の人が多いから、どうしても手や脚の動かし方が早いというのです。

もっと、ユックーリお願いしまーす。ッテー事で、がんばり過ぎないことが馬に乗るには大事なんですねー。

ところで、今日たまたま参加してくれたここに良く登場するJちゃんのお父さん、Rさんはバリバリの英語と(もちろんアメリカ人だから当たり前だが)関西訛りの見なければどう聞いても日本人でしょ?的な日本語のバイリンガル。なので、通訳もお任せしちゃいましたー。アリガトーラッキーラブラブ

乗馬クラブオーナーブログ

長時間に及びましたが、他の人達のを見ることによって心に余裕も生まれ、この形式も面白いかな???

皆さんが賛成してくれたら、またやりたいなー・・・と思っております。

さて、明日はTトレーナーのブログもUPする予定です!

では、また明日ね音譜

では、