2012年4月3日

馬への接し方。

こんにちは。

カウボーイスクールのキッズ達は、午前中の行程をすべて終え、無事に帰っていきました。

それにしても皆元気で、本当に馬が好きな子達ばかりでした。

ある時、馬を引いていくときに引き手の持ち方の変な子を発見したので翌日に馬の正しい引き方の練習をしました。

もし、引いてる時に馬が自分より前に出たら、馬が人より前にでてはいけない事を馬に教えなければいけませんよ。など等を教えると、皆自分できちんと直そうとします。

特に勘のいい子などは、リードでの叱り方も一発で正しく直します。

純粋で、無垢だとこうも馬達も素直に従うのかとこちらが感心してしまうほどです。

乗馬クラブオーナーブログ

この小さなNちゃんなどは、サンダーの一歩がNちゃんの3歩ぐらいあるので、どうしても遅れそうになりますが、それでもキチンと引いていこうという気迫にあふれています。

全く頼もしい限りです。左手の余った手綱の正しい持ち方も、きっちりできています。

他に、Fちゃんも小さいながら馬が速歩になったらリードで叱り、自分に従わせていました。

こんな子達が馬に乗り続けていたら、きっと素晴らしい乗り手になると思います。

未来が楽しみです。この夏に、彼女達のスクールがもう一度開催される予定で、その後経験の多い子達だけが合宿をし、カドリールの練習をする予定なんです。これは、私の昔からの夢だったので夢が叶って嬉しい事の一つなんです。

8月の終わりには、パディーで発表する予定です。

なので、その時は皆見に来てね。

では、また明日音譜

では、また明日