2012年3月29日

期間限定。

こんばんはー。

昨日からまたまたニュートレーニーのSさんがパディー入り。

彼女は去年の夏、学生だった時にに研修に来て、スタッフからの推薦もありパディの新スタッフになりました。

スタッフ出勤として一日目の昨日は、だいぶお疲れモードでしたが、今日は元気よく出勤してましたー。

で、スタッフN君の休日という事もありTトレーナー自らロンジングについてのコーチがありました。

乗馬クラブオーナーブログ

新人ガールズ達はフレッシュですから、ふむふむと聞いております。

昨日はSちゃんの歓迎を兼ねてTトレーナーの好きなお好み焼き屋さんに行ったのですが、行く道々動物がどれだけ怖いのかの説明がありました。

アメリカで数年前にあった2件のチンパンジーの事故が題材で、1件の方は亡くなったという話です。

動物は、怒ったり自分の身を守ろうとする時は、人間には計り知れないパワーが出るということ、種馬はシーズンがくると、どれだけのホルモン量がでて、どのように変化するのかということ。それが自然の動物なのだから、当たり前なのですが、私達は日ごろ馬に対しての認識が甘いとTトレーナーは思っているのです。

動物が可愛くて好きだからこの仕事に入ってくるのですが、最初だからこそ本当の事を伝えておかなければなりません。

皆が、同じ方向でトレーニングをするという事。これがトレーニングの一貫性というものですよね・・・リーディング一つとっても、馬にとって指示が違うのは訳分からん!!!っていうもんです。

早くひとり立ちできるガールズに仕上げたいと思ってます。

そのうちにガールズを、ご指名くださいね。(わたしゃー、置屋のおかみかあ?)

では、また明日音譜

私は彼女達と近い将来もっと深い馬の話が出来る様になるのを楽しみにしています。

私自身がずーっとこうだと思っていた事が、実は違っていたりして、最短で最新のことを学べる彼女達を羨ましいと思うのです。

知らなくてすむ事も沢山ありますが、知らないよりは知っていた方が良いし何かにつながる事があると思いますので。