2012年2月18日

みんながトレーナー。

こんばんは。

突然ですが、ワタクシ1ヶ月に一度ネイルサロンに通っていますの。

そのネイリストの先生が、このブログをご覧になり専門的でよー分からん・・・むっと仰ってましてね。以前、娘にも指摘された事があって、専門的な事は極力解説をつけようと思ってはいたのですが、つい自分が分かるから何処が専門的なのか分からなくなるんだよね~。

ですが、素直な(あくまで自分本位)ワタクシですので気をつけて馬に興味の無い方にも、へへ~?そうなんだ?って、思ってもらえるように努力しますわ。

さて、本日はAさんのご来場。11月以来、久し振りです。彼女はブリティッシュ馬歴6年だそうで、普段からしっかりと乗っているんだろうなーと想像できるライダーです。

前回いらしたときは、Tトレーナーが不在の時でワタクシがレッスンさせて頂いたのですが、今回はTトレーナーもいることだしウエスタンに興味があるなら是非、レッスンを受けてみたら?と、お勧めしましたの。

最初は、えぇ~?私なんて!とご謙遜でしたが、英語も理解できる彼女はブリティッシュにも通じるところがある!もう一度レッスン受けたい!と結局2回ともレッスン付で乗っていかれました。

普段、乗っているときに迷いが生じる事があって(馬乗りの皆さんはお分かりですね~)例えば、右に行かせようと思っているのに馬が左に行こうとしたので、そのノリで左に行っちゃう・・・自分が悪いのかな~って思っちゃうとか。簡単にいうとそんな感じ。

ですが、今日のレッスンで自分の信念を持って乗らなきゃいけないんだ!って言う事がホントに分かりました!と、仰っていました。

乗馬クラブオーナーブログ

サンダーはプレジャー(競技の種類)用の馬なので、動きがゆったりですが次にTトレーナーが用意したのは、正反対にシャカシャカしているジェリー。

乗馬クラブオーナーブログ

馬場がパリパリしだした夕方でも、最後までこういう馬の場合はどうやって馬を手助けして、いい子にしていくかを、すなわちトレーニングの域に入ることを練習していました。

寒い中、がんばりましたね~。ブリティッシュでも役立てて頂けたら嬉しいです!

乗馬クラブオーナーブログ

こちらは半分、寝の体制に入っているピンクライバルのお馴染みJちゃん。

一鞍目は、寒さを我慢して乗っていましたがスタッフN君によりドクターストップならぬ、イントラストップです。

彼女的には、もし寒いっていったら馬の側から離れなくてはならない→それは我慢ならぬ→寒くない。

となってしまうのですが、どうみても寒いでしょ?的な唇の青さに、下馬する事に・・・ですが、寒くないから暖房の側には近づかず、5分休憩してまた馬の所に戻っていってしまったのだー。

ホントに馬好きねー。ですが、今日はご家族でお泊り!明日も馬と遊べるねーラブラブウキウキなJちゃんです。

そんな事で、また明日音譜