2012年2月2日

馬とのゲーム

こんばんは。

ここは、シベリアか????

と思うぐらい寒い一日だった昨日。

WIZパパのご来場です。まずは、ラウンドペンで、ウォーミングアップです。どうでもいいけど、この合成写真のようなの何???

乗馬クラブオーナーブログ

自分で撮っておきながら、責任がとれませーん・・・

シベリアの様な寒さに加えて、雪まで降ってきたものだから、スタッドレスタイヤではない車でご来場だったHさんは、急いで乗って、帰ろうー。と・・・でもそこで話題になったのは、時間を気にして乗ると結果が良くないんだよね。と言う事・・・

仰るとおりデス。私も時間の無いときに無理して乗ると、いい感じで終われないわ・・・

段々と嫌~なカンジになってきて、終われない結果になってしまうのだ。

予想通り、上手くいかない場面になって、ワタクシTトレーナーに国際電話。遠隔操作をしてもらおうという算段です。これは、自分へのアドバイスでもありまして、せっかく乗りに来てくれているのだからどの様にすればストレスをためない乗馬になれるのか?いいアドバイスが出来るようになるのか・・・という目的です。

おおまかに言うとですねー、寒いと、馬達はパワーに満ち溢れるらしい・・・なので丹念なウォームアップ&馬のリラックスが必要なのだそうです。

終わり時を作れるように乗る。これが、トレーナーが馬に乗っているときの必須条件ですな。

Hさんの様にベテランライダーになると、馬が良くなってきたことや、悪くなっていることの両方が分かってくるので、良くなると欲をかく、悪くなるとあがく・・・このどちらも兼ね備えてしまうのよ。

なので、ご本人もやめ時を見ていて欲しいとおっしゃるのですが、その気持ちはヨーク分かります。

マゾの様ですが、これを頭で考えながら馬の気持ちを推し量りながら乗るのが乗馬の醍醐味なんですけどね。

そして、その試練のような天国のような、推し量りはまだまだ続くのであ~る。

では、また明日音譜