2012年1月11日

その訳は。

パンパカパーンクラッカー

ワタクシ、晴れて今日で通院シューリョー。おばさんだけど、骨密度の高い(自分で思ってるだけ。にゃはべーっだ!)健康な骨なので、担当医には、では、先生もお元気で。と言いましたら、人の事はいいから、そそっかしいことはもうしないでくださいよ!!!と、クギをさされましたわラブラブ

なにしろ、この先生ワタクシが足の指5本折ったときも、背骨折ったときも面倒みてくださった方なんですの。ホホ

なので、今回久しぶりに行ったらなんとまぁ~、ここら辺では大きな病院なのにまだ転勤されないでいらっしゃるでないのー?

いつまでも、面倒みていただきたいわ・・・(ウソウソ、もう行きたくなーいよドクロ

そんなこんなで、やっといろんな事から開放されたワタクシですが、本物受付嬢冬季休暇につき、昨日に引き続き今日も臨時受付おばさんだったので、昨日の写真でごめん。

乗馬クラブオーナーブログ

びっくりしたー!オンパレードのWIZくんですが、レストランから見ていたTトレーナーがだいぶ、落ち着いてきたよ。と言うので、どれどれ?と見ていると、確かに前に比べると道路側のここにも慣れてきた様子。

今日は、パパがご来場で一人で外乗にも行ってましたが、ここでTトレーナーの一言アドバイス。

先日、外乗から戻った時に馬を引いて帰ってきたときの事はお伝えしましたが、その時はなぜ???の質問にサムライが追いかけてきたから・・・などとふざけた事を言ってましたが・・・

実は、馬達は特に心配性な子達は帰り道に早く、お家に帰りたいよー。と、急ぎ足になるのであーる。

ですが、そんな時は馬の気持ちを裏切らないとダメなのであえて馬に厳しい事をしなくてはなりません。

その逆で、馬がいい子だったら途中で降りて馬の気分を開放してあげるのです。

ほらっ、馬がいい子だったら馬場でも乗るのを終わりにするでしょ?

そんな事と、一緒だと思うのですがワタシも、そこにいたバーニーママもWIZパパもほほ~。

と、納得したわけでござんす。

馬に携わるって、ホントに奥深くてタノシーよねー。

では、また明日音譜