2011年12月20日

こっちの川は甘いのだ。

こんばんは。

受付おばはんをこなしながら、自分の仕事もし、訪ねて下さる方たち何人かとお喋りしてるとおーや?もうこんな時間ですわ!!!

びっくらこきますわねー。これだから、私が年取るのも早い訳さ・・・・がぴょーんドクロ

ですが、まだまだやらなきゃいけない事を後延ばしにしているの・・・・ぐふー。仕事もそうだけど、英語の先生から出された宿題をやっていけるのだろうか・・・?と今からくじけていますわ。

さて、ワタクシささやかながらCHIN WESTERN EXPRESSというショーにまつわるものを売っているショップもパディー内においてありましてね。

先日はショー用シャツを頼まれまして、一着その方の好みのカラーのものを仕入れましたの。

アメリカでは、スパンコールブリンブリンとついているショーシャツになりますと30万位するものもありますの。

そんなのを見ますとね、もちろんそういう方がカッコイイに決まってるんだけどそういうのは、AQHAワールドショーに出るとき様(出る気満々?)にとっておいてね、私達競技会の少ないチームジャパンとしてはお手頃価格のものでいいんじゃないかい?っていう気持ちもありますわね。

なので、今回はアメリカでお手軽価格のものを仕入れてきましたのよ。

乗馬クラブオーナーブログ

個人的に頼まれますと、カラーの好みは伺うのですが、私としてはその方をイメージして派手派手じゃない方がいいかな?とか色んな事を考えて選びますわね。サイズに関してはかなり難しいですわ。私達日本人はSサイズが標準で、細い方ですとXSで丁度いいか、ジュニアサイズになってしまうの。

ですけど、ジュニアサイズだと模様が子供っぽ過ぎて、大人の色気を感じさせられるもの(誰ですか?そんなのいらねーよ!とか悪態ついてるのは???)が無いわけ。

なので、少ない中から選ばなくてはいけないのよ。

ウエスタンの楽しみは綺麗なお衣装が着られる所。ブリティッシュだったら、同じのずーっと着るでしょ?

ウエスタンは出番の度に、お衣装を着替えられるんだもん。女性にとっては馬とのトータルバランスも楽しめるってわけなのだ。

愛馬との色のコンビネーションも考えたお衣装選び。

恥ずかしくて着られない。って言う方もたまにいるけど、思い切ってこっち側(?)に飛び込んでみてね。

その内、ふつうのブリンブリンが物足りなくなるかもよー。

では、また明日音譜