2011年12月10日

来たれ!パディー。

こんばんは。

我が息子のHeir Gun の2thGOが終了した後、そこまでは我慢していたTトレーナーですが、ついに一年ぶりにまたがった息子の感触。

乗馬クラブオーナーブログ

息子は、というかフチュリティーホースは過酷なトレーニングを受けてこの地に乗り込んできていますので、疲労はピークに達しております。なので、感触を味わってみてるだけですが、一年ぶりの息子はどんな感じだったのでしょうか?

アメリカ全土から選び抜かれた馬達が集う、フチュリティーはワタシの予想以上に良い馬が揃っていました。また、トレーナー達のその必死さは日本の人達とは比べ物になりません。

約1年ぶりにアメリカのショーに戻ったTトレーナーは、やはりその場所が心地よい、刺激のある場所だったようです。今回は、彼の娘もエントリーしていましたので愛娘の馬の調整に余念がありません。限られた時間の中で少しでも良くしたいという気持ちがあったのだと思いましたが、何も出来ないワタクシは早々にホテルにもどり、ヌクヌクし、二人が何時に部屋に戻ったかなんて知りません。にゃは ラブラブ これが、ショーっていうものなんだよ。と言ってましたが、真夜中までかかっていたのは間違いありません。

ところで、只今Tトレーナーのアシスタントを大募集中です。

Tトレーナーの条件は、5年以上の乗馬経験がある方。

目で確認しなくてもリードがわかる方。

これから起こるであろう事に怖がらない方。(これだけで、ビビりそうかしらん?)

僭越ながらワタクシ(すんません、肩書き上ワタクシ、ボスですので・・・)の条件は、健康でリーダーになれる要素のある方。

男女・年齢は問いませんが、とにかくガッツでショーのトレーニングを心底やって見たい方。

どうぞ、ご連絡くださいね。

では、また明日音譜