2011年10月30日

馬の教え

こんばんは。

週末のお休みは、みなさんどの様にお過ごしになりましたか?

昨日からお越しの○レインのメンバーの皆様。

夜、事務仕事をしていたらCHIN WESTERN EXPRESS(事務所兼ショップになってるのよん。)の中を覗きに来て下さいましたの。

その中のお一人は、駆歩練習中で今が一番楽しいときのご様子。

色々と質問をいただきましたの。

その方は、駆歩のでやすい専用馬に乗ってずっとレッスンしているけど、出にくい馬で乗れなくなると困るから、どうしたものかと考え中で・・・とおっしゃっていましてね。

私の個人的な意見は、出来ない人が出来ない馬に乗って出来るようにあるわけがなーい。っつーのが持論でして・・

出来る馬に乗れる環境があるなら(色んな意味でよん)いい馬から教わった方が良いですよ。とアドバイスさせて頂きました。

そうして、出来る馬から掴んだ時には他の馬に乗っても必ず出来るときがくるし、上達も早いと思うのです。

私のレイニングのストップの先生はこちらのトニー。

乗馬クラブオーナーブログ

Tトレーナーのアメリカのランチに初めて行ったときに乗せてもらっていた馬です。

この時、外で飼われていたトニーは競技を引退して冬毛もボーボーはえていましたが、ストップをしたら100発100中ドヒャ-ってスベリマス。

私は彼にストップを教えてもらいました。タイミングがはずれても、ウォーといえばシュルシュルシュルルーとすべってくれる馬はそれまで経験したことがなかったのです。

だから、今でも心に残る大先生です合格

昨日は、アメリカにいる私の馬、HEIR GUNの競技がありました。

結果は4位で、Fトレーナーから乗り手が変わり、彼のアシスタントが乗って出る最初のエントリーです。

73のスコアで4位なんて、アメリカの競技会ってやつのレベルはどんだけだよ!って思いますが、オクラホマのフチュリティーに向けて、まずまずの手応えだったのではないでしょうか?

装蹄などの課題もあったようです。3週間後の本番にはベストをつくせるように皆が色々考えてくれているようです。

あ~、今からドキドキドキドキ

乗馬クラブオーナーブログ

買ったときは、こんなにムッチリな幼児体型だったのよーん。

来月会いに行くのが楽しみです!

では、また明日音譜