2011年10月8日

続いていく事

乗馬クラブオーナーブログ-111008_1857~02.jpg

こんばんは。
今日も長い1日でした。
パディのエントリーはメンバーMさん&Tトレーナーのウエスタンプレジャー(競技名)に始まり、続いてオープンシニアレイニングがありました。
アーリー&Mさんは確実にステップアップしてますし、レクサスは馬場に潜んでいるカメラマンにビックリ!×2倍になりながらもがんばりました。
今日の出来はまあまあって言う感じらしいのですが、彼女はこれからに期待できそうです。
なぜなら、競技場の厩舎でリラックスして寝られる馬はショーホースの要素がたっぷりなんだって。
そりゃ、うれしい限りです。
また、昨日のスクールクラスでまあまあの出来でパターンをふんできたフロスティは、ショーの経験が少ないので、落ち着いて走る。これを繰り返しショーで重ねて、やっとスピードアップ出来るようになるんだよ。とTトレーナーに言われていたので、競技会の少ない日本でたったら、何年計画になるんじゃ~?と思っていましたが、Tトレーナー出番前に今、自分に出来るベストをつくすよ、の言葉通り、ベストを尽くし優勝しました。
とはいえ、納得のいく出来栄えではなかったので、出番のない明日も、馬場でのトレーニングをするのです。
こうして、競技場で本番とトレーニングを繰り返す事で本物のショーホースになっていくのねぇ。
今日の最後のお仕事は疲れたフロスティの脚のケアをし、馬房の真ん中がヘコんでるからとおがくずを真ん中に移動して、やっと終了。
いろんな事に気づかなきゃならないホースートレーナーってマジ大変な仕事です。
好きじゃなきゃ、勤まりませんよ~。ホントに。
ではでは、また明日。