2011年8月8日

つぶやかせてね・・・

こんばんは。

パディーでは、夕食後(馬のよ、もちろん)2~3時間ぐらいで馬の水やりとチェックをしにいっています。

只今、Tトレーナーは今日は自分の係りだからとそそくさと厩舎に出かけて行きました。

もう、御歳○○才で経験豊富な彼なんですから、そういうことは若い人にまかせてお願いすればいいじゃない?と私は言いますが聞き入れてくれません。そうやって、自分でやりながら確認する事が大事なんでしょう・・・

馬の餌の量を変えたりした時も、そうです。どの位の量を食べ、残すか、まだモグモグしてる子は誰か・・・自分で確認しないと納得がいきません。

最近、ハットのオーダーで皆さんからご注文を頂いているのですが、それも私のオーダーしたハットが出来上がってきたら確認して、それで頼まれた分の発注をかけるんだって・・・前回の仕上がり分より、尚いっそう注文をつけたようなの・・・せっかくオーダーするんだから、より良くって思ってるんだよね。自分でも、ピッキー(重箱のすみをつつく的?)だといっていましたが・・・

こだわりもここまでくると凄い!と思うのが、1ヶ月ほど前にメンバーさんにブーツを頼まれたのですがロッドパトリックにメンバーさんに合うサイズがなく、あーでもない、こーでもないのリクエストを繰り返し、もう、仕方がないじゃん、ずーっと待っているんだから、他のところで頼みますよ。と言うと、メジャーで足をもう一度計ってみて。というんですガーンオーダーじゃないんだから、皆そんなにぴったりいかないことは分かってるよー。

ですから、馬のトレーニングも全く同じで、もちろんプロなんですからそれが当たり前と言われればそうなのですが、このこれが嫌なんだと言われても、私が見ると充分でないの???って思ってしまうんですがねー。

日本でいうと職人さん的発想というところでしょうか?彼の場合、趣味が仕事??って思いますが、仕事が終わっても、レイニングのビデオを観ています・・・やれやれですよー。マジにシラー

今日はぼやきながら、また明日音譜