2011年7月17日

更なる目標

こんばんは。

今日は、八ヶ岳ホースショーの最終日でした。パディーのライダーも暑い中頑張りましたよ。今日のパディーの一発目は、ノービスレイニングにエントリーのMさんです。彼は、以前トラベリーナのお父さんでしたが馬を買い替えして、今は4歳のヤングボーイ、パディーの末っ子リーノ君のお父さんです。トラベリーナは完璧なショーホースでしたので、Mさんにとって、トラベリーナはレイニングについての先生でもあったと思います。その経験を活かして、若馬にチャレンジなのですが、5月のJQHAに続き今回のエントリーです。末っ子リーノは、覆い馬場と違って四方八方から色んなものが見える八ヶ岳の馬場は、怖いよー!あれ何?のオンパレードです。ですが、スクーリングとオープンレイニングの調整により、それも段々と理解しつつあるようです。Mさんの練習中もTトレーナーは、こっちがリーノは怖いから、人が立っているほうがリーノの訓練になるよ。と、苦手な方に立ち、アドバイスです。

結果、優勝しましたのクラッカーやったー。JQHAの大会の時より、リーノの経験が増え、Mさんのこれまでの経験を合体させたいい結果だったと思います。これからも、ますます、このコンビで頑張って活躍してもらいたいです。

その後は、こちらの二人。ホースマンシップエントリー前の

乗馬クラブオーナーブログ

乗馬クラブオーナーブログ

待機馬場での緊張の面持ちです・・・ウエスタン競技に初参加のこちらのお二人です。

初参加なのに、一番走行だったRさん。ちょっと不利です。おやおや、サンダーなんて眠っていますよ。(いえいえ、競技の長老だけに、本番は張り切ってましたけどね)でもねー、私はやっぱり出場するっていう気持ちを尊敬しますよ。これって、ナカナカ出来ない事です。出場することは練習も必要で、億劫ですし、自分の気持ちを奮い立たせる迄、自分の気持ちと勝負しなければなりませんからね。ですが初出場にしては、上々の出来でした。競技会は、自分の緊張する気持ちと戦わなくてはいけません。Tトレーナー曰く、彼の娘は子供の時から数多く出ている。だから、今は、彼女のとって競技会は普通の行いだ。でも、多くの人はそうじゃない、特に競技会の少ない日本では・・・ですよねー。やっぱり、数こなさなきゃ!ですよねー。

Wさんの馬のロッキーは、昨日Tトレーナーがオープンで優勝しています。その動きとはマ逆のゆっくりな動きが要求されるため、難しい面も多々あったと思いますが、こちらも初めてにしては上出来だったと思います。Tトレーナーは、日本に時々来ている時に彼女をレッスンした事もあり、その時のことを覚えているので、彼女が今日の練習中「ロッキーが彼女の元に着てから、信じられない位、彼女のレベルはアップしている。」と言っていました。はい、私もそう思います・・・私は、Tトレーナーのランチでロッキーに乗った時、なんて凄い馬だろう!と感激した記憶がありますので、Wさんにとってもロッキーがいい先生になってくれると確信しています。

そんな事で、皆が色んな課題を抱えましたが、それが分かるのが競技会のいい所。結果があるから、次へのステップが見えてくると私は思っていますので、私も次回はトレイルのコースをキチンと覚えて、(当たり前?すんません。)もっとキャロラインは良くなる!と目標を設定しましたよ。

では、また明日音譜