2011年6月26日

さわりの感覚

ふと気がつくと、富士山はケッコー禿てきています。

乗馬クラブオーナーブログ

ってー、また指が写ってるじゃん!素人すぎてゴメン。。。。

ちまたでは、先週で高速道路の無料化が終了したそうで・・・この無料化には大反対だったメンバーの皆さん。何故って、渋滞がひどいんだ!もちろん、河口湖インター降りてからの一般道の渋滞も凄かった。

お客様を駅までお迎えに行くと、裏道の裏道を通らなければパディーに到着出来ないんじゃない?っていうぐらいだったの。ところが、昨日から道はガラすき。皆さん快適な道のりになったよー。と言っておられましたわ。めでたし、めでたし合格

さて、Tトレーナー曰く馬は本来、放っておかれるのが好きな動物なんだそうです。

ですが、トレーニングする時は思いっきりいじられる訳ですから馬の本能に全く逆らっている訳ですよね。今日もキャロラインに乗った私ですが、彼女は放っておかれるの大好きラブラブの代表格の様な馬です。

なにすんのよー、あんた!的に彼女の世界をつらぬこうとするのです。で、彼女的にこの先は来ないでよーパンチ!のラインになると跳ねたりして怒るのです。跳ねたら怒り返せ!思いっきりキックして倍返ししろ!とTトレーナーにキツク言われている私も必死です。ノドはカラカラ、汗はダラダラ。。。自分では、思いっきりしているつもりなのですが、ゼンゼンダメデス!って事でひょっとしてジーンズが長すぎて、拍車の効きが悪く、キックしても馬にあたっていないんじゃーない?とか、ジーンズのせいにしようかと思う瞬間がありますの。にゃは。

レーンを引っ張った時に、馬の口を感覚で感じられるようになった様に、脚の使い方の感覚もドンぴしゃりな場所に

まずはタッチしてそれから使うんだって事がいつか分かる時がくるかなー?まだまだ、先が長~い私です。トホホ。

でも、明日もがんばるぞー。では、また明日音譜