2011年5月28日

経験は大事です

雨でしたね・・・台風だから仕方ないですね。その割には、まずまずの降りっぷりだったと思います。って、そんなところで、我慢しなきゃいけないですね。

さて、今日はまず、リーノ君のオーナーM(ニックネームですけどね)さんからスタート。Mさんの走行順位は1番でした。3年振り位の競技会でしたし、リーノ君はアメリカでの競技会経験もなし・・・Tトレーナー曰く、リーノがどんな風になっちゃうかは、ノーアイディア。だったのです・・・トップバッターは、ちょっと不利なんです。ジャッジは、1番バッターを基準にしますし、ジャッジのウォームアップ的な感じになりますから・・・でもねー、Mさんはがんばりましたよ。なかなかの落ち着いた演技でおおー、いい感じ・・・演技開始前にTトレーナーから、角にカメラマンが控えているから、リーノが驚くのを覚悟しておいてね。とのアドバイス。センターに入場した時、リーノ君は、やっぱりビデオカメラにビビッテ、横っ飛びしました。でもー、落ち着いて演技を続けたMさん、やっぱり、今までのショーの経験が役立っていましたね。

夕方、Mさんと話をしていたら、リーノはトラベリーナ(Mさんは元トラベリーナのオーナーなので)と似ているんだって。何がって、驚いても一歩だけ横に動いて、あーそういうことか・・・って納得するところが・・・私は、マジウケマシタ。こういうことって、オーナーでその馬に乗り込まないと感じない事だから・・・そして、そういう事を感じられるのが自馬のドキドキだと思います。

その後は、Cさん&アーリーとTトレーナー&フロスティのウエスタンプレジャーです。直線の中だけのルーズレーンでの演技はとても難しいものです。ごまかす事が出来ませんから・・・なので私はプレジャーが好きですし、その分、トレーニングがとても大事、そして楽しいと思いますよん。いつか、日本でも大勢で演技できる日が来る事ができるといいなー・・・と思います。Cさんも改めて練習しなきゃー、と決意した模様です。頑張って!応援してます。

そして、Tトレーナーのオープンレイニングでした。今日は、ゼッ不調でしたが今までの日本のショーの経験とトラ嬢の賢さが裏目にでた感じでしたねー、でも私はそれも経験。いつか、良くなる為のステップだと思うのよん。なので、またみんなで頑張りマショー。

明日は、競技会最終日。パディーからのエントリーはありませんが、皆さんがベストを尽くせるように応援してきますよん。

では、また明日音譜