2011年4月23日

つかもうとする時

今から約2年前、ワタクシは大それたことに日本のウエスタンを救うべく、日本で初めてのAQHA公認ジャッジになるぞ!と大志を抱いて(当時はハウアーユーしか英語は喋れませんでした。えっ)でも、ジャッジになる為になにをすればいいのかも分からず、とりあえず5年計画でまずは、アメリカに行って何か習おう!と紹介してもらったTトレーナーのところに飛び込んでいったのです。

今日こんな雨の中ご来場のお客様は、ご自分に目標を持ちたくて4級ライセンスを取ろう!と来て下さったの。50代後半なのに、ホントに山梨までライセンスなんて取りに行くの?などと皆にバカにされたそうです。でも、彼女はちゃんとやってきました。そして、雨の中、カバー付ラウンドペンでしっかりと練習しました!

Tトレーナーのスクールに約2週間も滞在してくださっているTさんも、ご経験があるのに、基本から知りたいと来てくださいました。

私は、なにかをツカモウとする人はそれに向かって動き出した時から、もうすでに掴んでいると思います。

動くのか、はたまた考えだけで終わるのかは大きな違いだと思うのです。

私は今だにジャッジの資格は取れていませんし、英語も達者になっておりません。。。(そういう意味でハンセーしないのも私のいい所。。。)ガーンですが、この夢は捨てることなくいつかは、ジャッジの資格を取ろうと思っていますし、あきらめようとも思っていません。

そんな私ですから、パディーに何かを求めて来て下さった時、常にお答えできる私達でいたいと思っています。(ナンダカかっこいい〆じゃない?うきゃ!)

では、また明日音譜