2011年4月11日

変化する事

Timのパフォーマンススクールご参加第1号のお客様。

ご来場頂きまして、有難うございます!

謙虚にレベル1からということで、スタートしました。今日のレッスン、ロンジングのするのです!の図。

乗馬クラブオーナーブログ

このロンジングの仕方にも、ちょっとしたコツがあるのですが大事な事は安全性ということで、馬の身を守る事&人の身を守る事。なども今日の大きなテーマになっていました。馬に乗るには、怖さもしらないとトモダチにはなれませんから、お互いが快適に共存できるトレーニングの知識を知る事が大事なんですね~。

私も通訳モドキの様な事をしながら、人に伝える事のテクニックや知識を学んでいます。これって、一挙両得じゃん?得意げなどど思いながら・・・説明がなが~くなってしまうのですが、これをするにはこの理由があるって言う事を理解してもらうには、どうしても時間が必要なのだ。

9:00~4:45までの間、説明が長いし、最初の日ということもあって、さぞやお疲れの事と思います。

でも、長い時間をかけて理解できたのがこの人とこの馬

乗馬クラブオーナーブログ

お母さん、娘はこんなに良い子に育ってます。

人は写っておりませんが、スタッフNくん、ロンジング中。娘はこのお仕事大嫌い子ちゃんで、最初の頃ココ行くのイヤ!お仕事させられるんだもん!的な反抗を見せておりやした。もちろんロンジングの最中も。なんで、アタシこんな事しなくちゃいけないのよ―、早く止めてよー。って事を繰り返し訴えていました。

ところが、今日のレッスン中にTトレーナーがN君に「N君、トテモ タダシイ デス ロンジングシマス」と声をかけていましたの。でもって、私に一言。ほらっ、見てご覧。馬がなにをすれば良いのかを理解してきてるよ。とほくそ笑んでいましたの。こうやって、少しづつ馬が良くなっていくことが私達の最高の喜びなんですよねー。あ~、馬の仕事って面白いラブラブ!その様子を見ているだけの私ですが、変化を楽しませてもらっておりやす。

では、また明日音譜