2011年2月22日

ラウンドペンはオールマイティー

パディーの丸馬場は、運動場でもありますが、放牧地でもあります。さらさらな上での放牧は気持ちいいのねー。

今までは、放牧中は馬着を脱がせていたのですがTトレーナーは毛がムクムクになるのを避けるため着せたままです。アメリカの彼のランチでは夜も電気をつけっぱなしにしていました。暗くなると毛がムクムクするからなんだって。

乗馬クラブオーナーブログ

まるで、人形の様にじっとするフロスティー嬢。

普段の彼女は、放牧されるとトリャー!オリャー!と動き回り、乗っている方にヒンシュクかう事もある位なのですが、この日はミョーに大人しかった。

乗馬クラブオーナーブログ

なぜなら、爆睡寸前だったのだ。2秒後がこの写真。この後1秒後にグオ―とイビキをかいてあそばされました

お嬢様。目が完全にいっちゃってるわ。コワイ!

だけど5秒後に厩舎の棒が落ちる音カラ―ンってしたと共にビクリンって起き上がってた。

馬の爆睡は人間の時間にするとどの位にソート―するんだろう???

と思った私。そりゃー、グーグー長い事寝ちゃってたら野生ならライオンに食べられちゃうもんね。

ドンくさい上に寝るの大好きな私が馬だったら、確実に長生き出来ないなー。

それはそうと、今日は馬場もしっとりとはしていますが徐々に良い感じになってきました。

このまま春がやってきますよーにラブラブ

では、また明日音譜