2011年2月21日

ワーカーホリック

一昨日研修にやってきた乗馬学校生徒のCさん。

早朝電話があり、吐いて下痢して苦しいんですぅ・・・薬ください。

と電話がかかってきたのだ。おーし、待てよと言ったものの、どの薬を渡せばいいのだ?

下痢止め?風邪薬?んー・・・朝になったら病院に連れて行ってあげるから、我慢できる?

と聞いて電話を切ったのだ。

そして、Tトレーナーも夜中から昨日食べた牡蠣にあたった!と吐いて下痢しているのだ。

でもさー、私も牡蠣食べたし大丈夫だけど・・・多分疲れたんじゃない???

全然休まないから・・・Cさんを送っていくから、Tトレーナーも病院行こうよ!といったら、そんな軟な事出来ない!ゲーターレードで直せる。と訳の分からない事を言い出す始末。

もう、知らないよー。プンプンむっ

結局彼女は熱もあり、点滴もされて注射も打ち、胃腸炎と診断された。

せっかく来たのに可哀想なのだが・・・こんな時は安静にするのが一番だよね。

夕方、顔の赤いTトレーナーに大丈夫?と聞くとプー、大丈夫です。これからジョーバします。

クマちゃんに、こいつとこいつとこいつに鞍をつけるようにいってくれー!!!

と、ふざけた事をいってるので無視しました・・・その後も退屈だー退屈で死にそうだーとギャーギャーいってました・・・

働く気満々なのも、いい加減にしておくれよーガーン

具合が悪いときは皆さんも早く治しましょうね。では、また明日音譜