2011年2月3日

新人さん、いらっしゃーい。

昨日の話の続きのようで恐縮ですが・・・

今朝のクイックとのお散歩はちょー、オッタマゲマシタ。

森の中をずんずん歩いていくと、毛むくじゃらの物体が横たわっていてピクリともしません。

私は何???なにが死んじゃってるの?

と、おそるおそる近づくとその物体はむくりと起き上がり、あちらもギャオー!という様子で走っていくではないですか?

そいつは正にウリ坊うり坊

その場所はお日様があたってポカポカしてたので、思わず朝寝坊しちゃったんだね。

で、一度振り返ってこちらを見た!(気がしたよ)

残された香りは、まさしく天然物だったわん。

さて、今日はCHIKAがやってきた。

彼女は、小学生の時にいつも一人で毎週高尾からトコトコ電車で馬に乗りに来ていた子。

それからだいぶ月日がたちましたが、2月中は乗馬研修に来ています。

馬の仕事をしてみたいんだって。

親心に近い感情の私としては、やめておけ。と言ってみたのですが、長い人生の中には

思い切って何かをやってみたい時もあるのよね???

2月中ずっといますので、どーぞ可愛がってやって下さいな。

ではまた明日音譜