2011年1月30日

癒しの場所を目指すのだ。

昨日、来て下さったお客様は去年夏に来て下さった方。

ずーっと、馬に乗りたかった方なの。

すでにNRM(こんなメンバーシップもやってるのドキドキほんの宣伝)

になってくださっていて、もっと早くリピートしようと思って下さっていたらしい。

でも、お母様が倒れてしまったり、まだ大学生のお子様がいらして

なかなか自分の時間がつくれないのですって。

あと2年したら、お子さんも卒業するし、でもその時はまた親の介護に忙しいかもしれないけど

その時には、趣味は乗馬ですアップ

って言える様になっていたいの。とおっしゃっていました。

私は彼女と歳も近くて、ナンだか共感してしまったのだ。

だってさー、この歳になるとナンだか知らないけど抱えてる物がとても多くて

もっと身軽だったはずなのにー?

って思うのですが、なぜかしょってる物もあるんだよねー。

そんな中、彼女のように前向きで少しずつでも前進させようとしている方って素晴らしいよね?

生きてると、いろんなしがらみがあって、思うようにならない事も多いけどさぁ・・・

馬に乗ってるときって、集中してるから他の事なんにも考えなくっていいじゃない?

家の事、仕事の事、嫌なやつの事べーっだ!

そんな事、全部忘れて馬に乗る事だけを考えてる時って、実は私も癒されてるのね・・・

だから、パディーに来て癒されてね。

そんな場所でパディーはありたい・・・

最後は詩的でしょ?

うふっ

では、また明日音譜