2011年1月26日

ゆっくり行こう。

乗馬クラブオーナーブログ

お昼ごはんを食べてたらね、マロリーヌ嬢とライトが一体化してたの。

マロリーヌ嬢がライトの柱になってます。

さて、今日はプレジャー競技についてです。

プレジャーは、柵の側を3種の歩様をしてる部班のようなもんでしょ?

って間違われる事があるんですが、ブリティッシュの部班と違うのは

先日も書きましたように、ウエスタン競技のほとんどは馬を採点されているので

プレジャーもしかり、なのです。

馬の一歩の幅は、その馬達によって違いますよね。

なので走行中に他の馬が自分の馬よりゆっくりだったら、内側から追い越していってもいいのだ。

ただーし、プレジャーってとーても楽なっていう意味があるように

乗ってる人がラクチンに見えないと駄目。

あの馬は脚が変なんですか?って言われることもあるのですが、レベルの高いプレジャーホースに乗ってると歩いてるんだか、ハヤアシしてるんだか分からないぐらいのゆっくりさ、なのだ。

もちろん、リズムが変わってしまっても駄目なのでそれをごまかしようがない直線上でずーっと保つのは大変なの。

ホホホ、私の馬をごらんアソバセ。こんなに楽チンなんざーますの。

っちゅー、イメージですわ。

馬の首は地面と平行でカケアシだって間違っても、ブンブン走っちゃ駄目よん。

もし、競技中にブンブン走っちゃったら悲しくなっちゃうわ。(経験済みガーン

そんな事にならないようにトレーニングが必要なのよ。

って事でまた明日音譜