2014年12月15日

馬の見方

Halter-300x266

ウエスタンの本国アメリカではホルタークラスという、競技があります。

これは、乗らずに俺っちの馬の骨格の良さやマッチョさ、つやつやさ何かをみてくれよ~。

っていうもんです。で、乗らないのにこれだけで成り立って、オーナーさんもいるというからびっくり!!!ですよね?

一方のパフォーマンスホルターというのは乗っています。競技にもでてます。

どちらも、骨格等をみるのですが、なぜ今回この事を取り上げてみてみようかと思ったかと言うと

例えば、馬を買ったりする際にこの骨格を見る力が有ると言うのは、大事な事なのです。

乗らないなら別です。ペットとして飼って行く分には、負担がかかりませんのでOKです。

でも、乗るとなったら骨格も見ずに買ってしまって、後からこの馬はここが弱いからこの競技には向かなかったわ~。

では、残念な結果になってしまいますよね?もしくは、残念ながら買ってしまった方や、完璧な骨格の馬はいませんから、どこがその馬の弱点なのか?

が分かれば、使い方の工夫も出来ます。

今回は、どんな骨格が良いのか?駄目なのか?どの様に審査されるのか?どの様にショーイングするのか?など。

一通りのレクチャーの後で、参加者の皆さんに審査もしていただこうと思います。皆さんのお役に立てると思っています。

一般の方の参加も大歓迎です。お申し込みは、パディー迄お願いします。

前日、宿泊を御希望の場合、まだ空きがあります。